人狼ゲームの説明

- 簡単なあらすじ -

ある日、とある街に、人の見た目をした狼(人狼)が紛れ込みました。人狼は夜になると市民の1人を襲撃します。人狼は人の見た目をしているため、市民は人狼が誰かわかりません。街は平和を守るため、全員で話し合い、毎日1人ずつ街から追放していくことにしました。

- 試合の流れ -

市民チームと人狼チームに分かれ、話し合いで互いの正体を探っていきます。

市民チームは、人狼を全て追放すると勝利となります。人狼チームは、市民チームの人数が人狼の人数の同数以下になると勝利となります。

各チームには、特殊な能力を持った人がいます。以下の説明をご参考ください。チームや以下の役割の割り振りは、システムがランダムに決めてくれます。

各役割の説明

- 市民 -

- 人狼 -

- 占い師 -

- 騎士 -

- 霊媒師 -

- ハンター -

- 狂人 -

人狼ゲームレギュレーション一覧

※Version:3.0 時点

・6人スタンダードルーム

人狼×2, 市民×2, 占い師×1, 騎士×1

・9人スタンダードルーム

人狼×2, 市民×3, 占い師×1, 騎士×1, 霊媒師×1, 狂人×1

・9人ハンタールーム

人狼×2, 市民×3, 占い師×1, 騎士×1, ハンター×1, 狂人×1

Note.

初日の夜は、人狼の襲撃は発生しません。

発言は同時ではなく、時計回りに順番に回します。

初日の昼の最初の発言者はランダムに決まります。2日目以降は、襲撃されたプレーヤーの左隣から発言が開始されます。

襲撃が発生しなかった場合や決選投票前の発言順に関しても、最初の発言者はランダムに決まります。